3ヶ月ぶりの自主研究会 開かれる!

若手の先生が書いてくれたメッセージ (もう少し字の練習をした方がよさそうかな(爆)) 今日は3か月ぶりに自主研究会の月例会を開くことができました。 参加者は8人,高校が2名,中学が6名です。 遠くは県北からかけつけてくれた先生もいました。 嬉し…

1年生たちの変容

年が明け、10年ぶりに担当している1年生たちの様子も、目に見えて変わってきているように感じます。 これまで、授業に関すること、関係のないこと、様々にあったつぶやきも、随分と数が減ってきました。 周囲の様子を感じ取り、自分の発言が全体の流れに…

足もとを見ながら,一歩先も見据えて

2月末を目途に,勤務校の現職教育係が担当している「研究論集」の執筆のための下準備をしています。 金曜日の教科部会では,基本コンセプトについて骨子案を提案し,みなさんから意見をもらいました。 今年度赴任をした後輩に向けて,自分なりに大事にして…

ELEC 2017冬期英語教育研修会

www.elec.or.jp 12月26日,東京・神田のELECにお呼ばれして,3時間の講座を担当してきました。夏休みの研修は,香川県の研修会と日程が重なり,申し訳ないのですが,遠方を選ばせていただいたので,しばらくぶりにお邪魔したことになります。 今回は4…

元気をありがとうございます -基礎英語2へのリアクション-

2018年もあっという間に1週間が過ぎました。 明日から3学期が始まります。 冬休み中も,何かと忙しく,目まぐるしく過ごしています。 冬休み中も公務で学校に出勤する日が続きました。 とはいえ,学校があって子どもたちと生活している時に比べれば,…

自分自身の受け止め方で決まる

喪中のため、おめでとう、ではありませんが、新しい年のスタートにあたり、拙ブログをお読みいただいているみなさんにご挨拶申し上げます。 今年度もどうぞよろしくお願い致します。 今年は三姉弟妹の真ん中の男子が高校入試に挑戦するため、2日から塾の講…

2017 - 2018

大晦日が暮れていきます。 あっという間に2017年も終わりそうです・・・ 45歳という節目でもあった今年, たくさんの出会い,気づき,学び,挑戦・・・がありました。 同時に,多くの失敗もありました。 どんなときも,自分を励まし,共に進んでくれた…

1年を振り返って 自分自身を省察する

takaenglishteacher.hatenablog.com 1年前,こんな記事を書きました。 その中で,抱負として次のようなことを掲げました。 今年は3つの目標を掲げます。 ①自分(たち)らしさを大切にする 自分らしい授業といえば、インタラクションを中心にした、生徒たち…

My Project 2 振り返り

2学期が終わり,一息つきながら(実際にはつけていないけれど・・・)子どもたちの振り返りにコメントを書きました。 1年生でも,こんなに気づきがあるんだなあ・・・ 感心しながらコメントを綴りました。 教科担任制である中学校ではなかなか気づきにくい…

師走だからこそ 足下を見る

各クラスでの2017年最後の授業が終わっていきます。 明日、残る1クラスの最後の授業が残っていますが、20日の終業式を前にほとんどの授業が終わりました。手を抜かずに、授業、やり切れたかな・・・ そんなことを思っています。 さてさて、今日見つけ…

My Project 2 発表会!

いよいよ発表会が始まりました。 練習の成果を発揮しようと,それぞれの生徒が逃げ出すことなくがんばってくれました。緊張で原稿が頭から抜けてしまうこともありましたが,本当に嬉しかったのは,それでも投げ出してしまう子がいないことです。 1年生の段…

My Project 2 他己紹介に向けて

下書き原稿への添削を経て、清書を済ませた子どもたちは、まず個人での練習に入りました。 2学期になってから、教科書の音読の出口に、キーワードのリプロダクションを置いてきました。 神奈川大学の久保野先生が筑波大学附属駒場中・高校にいらっしゃった…

教科内での学び合い 3年生のディベート実践

校内授業研究会で、同僚の英語の先生が3年生でのディベート実践を行いました。 英語科の4名は、校内でも1番と言えるくらいのチームワークがあると思っていますが(昨年度末で異動した先生を含め8年間ずっと一緒の顔ぶれだったのですが、入れ替わりで入っ…

学期末のパフォーマンステスト

1学期末に続き、今学期もペアでの即興の対話テストを行いました。 takaenglishteacher.hatenablog.com takaenglishteacher.hatenablog.com 写真のようにこれまでの授業で扱ってきたトピックの中からいくつかを選んで短冊にし、裏返して机に置きます。 教室…

12日ぶりの投稿

気がつくと12日ぶりの投稿になります。 疲れが本当に溜まって、何を書いたらいいのか頭に思い浮かばないような感じでした。 職場ではキーを叩くことは多くても、帰宅後にコンピュータに向かう気力がわかない・・・そんな感じでした。 全国各地で多くの先生…

インプットが足りない日々

何気ない子どもたちとのやりとりがとても楽しいです。 お互いのことが分かって、相手を傷つけないけれど、お互いをかまって楽しむような、温かなかかわりが、教室や廊下、体育館で生まれています。 本当に、かわいいなあ。 そうして彼らに癒されながら、なん…

日々の授業を大切にしているか?

4月から一緒に学んでいる子どもたちとの時間も,あっという間に過ぎ去って,早いものでもう2学期が終わろうとしています。 公開授業だからがんばる,とか,研究授業だから,人に見せるから,というのはこちらの事情で,子どもたちには一切関係がないことで…

small talkでインプットの質的改善 - 大修館「英語教育」12月号より

日付をまたいで、今日は創立記念日で休みになります。 とはいえ、末っ子の検診(学校で健康状況の管理するために「管理票」を提出するように催促されてしまった・・・)で午前中が終わり、午後は相続関係で法務局へ出向き、1日が終わってしまう予定です。 今…

3月分の収録 完了!

秋空に映えてますね! 11月19日,今年度担当させていただいてる基礎英語2の3月分の収録が終わりました。 来月,検聴した結果を受けた録り直し(リテイク)作業が若干残っているものの,正規のものはすべて終わったことになります。 1年間は本当にあっ…

茨城県の研修会

研修中の様子 お呼ばれするのは4回目になりますが、茨城県の水戸を中心として活動する自主的な研究会に行ってきました。 体調が心配ではありましたが、真摯で、温かで、思いやりのある先生方と再会、出会いができて、出かけて本当によかったです。 今回はCA…

スピーチコンテストへの道 in 2017 完

コンテストが終わった発表会場 昨日,県のスピーチコンテストが行われ,担当している1年生の生徒が2位に輝きました。 これまで練習してきた成果を存分に発揮し,最高のパフォーマンスを見せてくれました。 聞き手を意識した双方向性のある発表を,とともに…

子どもたちはやっぱり元気の源なんだ

しばらく英語教育のことから遠ざかっている感じがします。 気持ちがなかなかそこに向かない、のが本音です。 とはいえ、今も基礎英語の収録に向かっていて、気持ちをちゃんと保って、やるべきことをしっかり、としなければなりません。 気持ちが乱れるので、…

別れ

10月26日、16時25分に父が他界しました。 77歳でした。 社交的で明るく、気配りができ、「人」を大切にする人でした。 外で気配りをするので、内を支える母は大変だったと思います。 昔の人間だったので、本人に向かって、口に出して「ありがとう…

どんなときも

10月は鬼のような忙しさ・・・ 学年では体調不良で時間休暇を取る担任が出てきました。 講師の若い先生は少し前に実験器具で手を切る怪我をしました。 じわじわと、疲労が目に見える形で出てきている感じがします。 教師の働き方改革について国の文書が届…

スピーチコンテストへの道

昨日,市のスピーチコンテストが行われました。 一般生徒が出場する第1部と,帰国子女が出場する第2部があり,担当する1年生からは,第1部に1名(学校で学年に1枠だけ),第2部に2名(フリー)の出場がありました。 第2部は,1~3年生までがオー…

文教大学阿野ゼミ生からの振り返り

一昨日の学校訪問から2日目、早速ゼミ生からの振り返りが届きました。 こうして振り返りがあると、こちらも本当に勉強になります。 授業を開く、教室を開放することで、結局のところ、一番勉強になるのは、授業者なのだな、ということを改めて感じています…

文教大学阿野ゼミ生が来校しました

かれこれ5年近いでしょうか。 文教大学の湘南台キャンパス、国際学部の阿野ゼミの学生が今年も来校しました。 卒論につながるように、ということで、Aさんは授業に洋楽を取り入れることの効果について、Hくんは技能の統合について、という視点を中心に観察…

身近なことでいいのではないか

21日の土曜日に迫った運動会のための練習が毎日続いています。 子どもたちは気持ちがそちらに向いて,一生懸命取り組んでいます。 学校行事は,普段の子どもたちの学びの成果が結実し,一気に発揮される本当にいい機会だな,と思います。 子どもたちに投げ…

うまくいかないのは、子どものせいじゃない!

教育実習が終わり、子どもたちとの授業が戻って来てから半月が経ちました。 立て続けに文化祭・合唱コンクール、運動会が続く強行日程の10月、子どもたちが落ち着いて学びに向き合うことが難しい状況なのですが、何とかリズムを作ろうと頑張っているところで…

躍動する 輝く子どもたち

文化祭、合唱コンクールが終わりました。 本当に短い期間の中で、子どもたちは本当によく準備をし、本番で見事に輝いてくれました。 毎回心から感じるのですが、行事のときに、それまでに蓄えたものをバーンっと解放するというか、なんといえばよいのでしよ…