読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発音指導を大切にしたい

新年度スタートからあっという間に月日が流れ,気がつけば週明け,もう5月がやってきます。 なんという怒涛の日々・・・ 息をつく暇もないような・・・ (拙ブログの更新頻度も,今年度はかなり落ちていますね;;;) 1年生の授業は10年ぶり,彼らの初…

落ち込むってことは…

ちょっとしたことをきっかけに落ち込む、ってこと、自分の中で本当によくあります。 一番よくあるパターンは、自分ではそんな意図はないのに、相手が自分の言動をマイナスに感じたり受け取ったりしたときに・・・というものです。 また、自分のパフォーマン…

生徒・先生同士のつながりを育む若手教師のためのSMALL TIPS

大修館書店英語教育の連載、読んだ、という方はいますか? 読者の方にはどんなふうに映っているのかな・・・ と読後感、気になります。 私が23年間の教師経験の中で実際に感じ、気づき、学んだことを素直に綴っています。若い頃の苦い経験、そして、たくさ…

授業スタート!

いよいよ明日から授業が始まります。 ドキドキ・・・ ワクワク・・・ 10年ぶりの1年生・・・どんなふうになるのかなあ・・・ とはいえ,1年間の授業をどんなふうに進めていくのか,大きな枠でのイメージはできています。 開隆堂Sunshineを使うこともある…

1学年の立ち上げを通して感じ,学んだこと

土曜日の桜 我が家からすぐのところで撮影した桜です。 土曜日に散歩をしながら撮影しましたが,今日降った冷たい雨でほとんど散ってしまったようです。桜はきれいですが,本当に儚いですね。 桜が散るとともに,新年度の学校生活も本格化します。 今年度は…

基礎英語2 ストリーミング開始

新年度の基礎英語2も、2週目に入りました。 月曜日からの西垣先生の講座もぜひ聞いて、英語を学んでほしいです。 金曜日の講座、聞いていただけましたか? 「え?」 「聞いていない?」 そんな時は、1週間遅れですが、ネットでストリーミングが聞けます。…

いよいよ明日から新学期が始まります

明日から新学期が始まります。 新学期を迎える準備を、3日から仲間とともに進めてきましたが、やってもやってもキリがない感じで、怒涛でした。 春休みはやっぱり短いですね。 ついこの前卒業生を送り出したばかりなのに、余韻に浸る暇もないまま・・・とい…

終わりは始まり

昨日は、新しい学年スタッフみんなで遠足の下見に出かけました。 グリーン車に揺られて、時間をかけながらおしゃべりが続きました。 スタッフの半分が入れ替わり、新しいファミリーのつながり、チームワーク、ムード、いろいろなものを一から作っていきます…

基礎英語2 初回の放送 無事に終了

www3.nhk.or.jp おはようございます。 先ほど、初回の放送が無事に終了しました。 本当に嬉しい思いで聞かせていただきました。 関係の皆様の支えがあって、ここまでたどり着いたことを 改めて実感しています。 この場を借りて、厚く御礼申し上げます。 リス…

いよいよ明日 on air 基礎英語2

NHKラジオ 基礎英語2 2017年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト) 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/03/14 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今朝の西垣先生の講座の締めくくり、エンディングで、明日は「T先生の・・・」、そして、サ…

新年度スタート

市街を流れる川沿いの枝垂れ桜 昨夜は職場の歓迎会でした。 新しい仲間が赴任し,新年度がスタートしましたが,在籍歴が長い教員が転出して,職場で4番目の古株になってしまいました。 平教員の中では最も古い人,となってしまい,困惑しています。 もとも…

ELEC春期英語教員研修

3月29日,少し前のことになってしまいましたが,東京・神田のELECでの研修を担当してきました。 最初にELECの研修を担当させていただいてから,早7年になります。 私を発掘(!?)してくださった担当のCさんも,4月から教会内の別の部署に異動するこ…

韓国で感じたこと

わ、わからない・・・ 2泊3日の予定でソウルに来ています。 学年の解散前の旅行です。 今、ホテルのチェックアウトをし、空港までのシャトルバスを待っているところです。 ファミリーとして仲のよかった学年の最後の旅行、本当に充実して楽しい時間となり…

新年度の基礎英語2 出だし好調のようです!

嬉しい! 基礎2! 今日、用事で訪れた百貨店で、書店にも行ってみると、基礎英語が平積みになっていました。 毎年4月号を積むのが恒例になっていますね。 と、よく見てみると、基礎英語2が一番売れているではありませんか! おお! 嬉しくなって、NHKエデ…

年度末に思う ファミリーとしての学年づくり

1週間ぶりの更新です。 敢えてブログから距離を置いて、心身を休める時間を取っていました。 久しぶりに書いてみます! * 17日の修了式の夜、学年のメンバーと、進路指導主事、合わせて8名で納め会をしました。 進路関係の会議の打ち上げや、卒業式後の…

大修館書店「英語教育」新連載を担当します

編集部から届きました! 英語教育 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 大修館書店 発売日: 2017/03/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 英語教育2017年4月号 - 株式会社大修館書店 新年度の新しい動き、その②は、英語教育の新コーナーの担…

3.11. に想う

6年前、修学旅行の事前学習をしていた午後の授業、全体での集まりを終えて、各係ごとの集合場所へ移動する際、あの地震が起こりました。 全体会場を最後に出る男子2名と共に、私と学年主任の4名が廊下を歩いていました。 ある教室の前に、新聞(NIE)が毎…

卒業前の心温まる話

私が常に心掛けていることは,自分が関わっているからこそできる「プラス1」を何事にも加える,ということです。 卒業生たちに喜んでもらえるような何かを・・・と考え,4月の時点から,サプライズをしようと思ってアイデアを温めてきました。 とはいえ,…

感動の卒業式

今日,勤務校の卒業式が行われました。 感動の卒業式でした・・・ 一人一人の思いがこもった呼名への返事・・・ 体育館中に響き渡る歌声・・・ 涙腺の堤防が決壊し,号泣でした。 私も学年主任としてステージに立ち,一人一人の証書授与を間近で見られて,本…

基礎英語2 新年度 講師になります!

NHKラジオ 基礎英語2 2017年4月号 [雑誌] (NHKテキスト) 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/03/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 間も無く発売されるテキスト、予約が始まっていますね。 ラジオでは今年度の基礎英語の最後が…

持てる力を出し切ろう! 明日、入試!

明日は県立高校の一般選抜の入試日です。 今頃、教え子たちはどんなふうに過ごしているのだろう・・・ もう眠っている子もたくさんいるだろうなあ・・・ 横になっているけれど、なかなか寝付かれない子もいるだろうなあ・・・ 爆睡している子も(笑)・・・ …

ステージ上から見た素敵な景色 感動の瞬間×158

今日は卒業式の予行でした。 予行までに練習ができる時間は 50分×4回のみ・・・ 果たして予行に臨めるのか・・・ 初回の練習のスタート、学年主任の挨拶で伝えたことは: 「学年の立ち上げで一緒に確認したのは、学校は卒業式のためにある、ということだ…

1年間,3年間の英語授業を振り返る この子たちと一緒に学んできてよかった!

最後の授業で,1年間,3年間の英語学習を振り返って,ということでコメントを書く時間を設けました。 あるクラスのコメントの中からいくつかを紹介します。 いやあ・・・沁みる・・・ 彼ら一人一人と出会えて,ともに学べて,よかった! 彼らが本当に誇ら…

ファイナルスピーチの感想 子どもたち自身,どう感じているか

あるクラスの感想からいくつかをピックアップしてみました。 どの生徒も,真摯に自分のスピーチを振り返っています。 準備の大切さを痛感したり・・・ 自分のこだわりを思いきり表現できて充実感を感じたり・・・ 聞き手を意識することの大切さを改めて体感…

地元の先生との学び合い

日々の業務は本当に多忙、そして過酷です。 先ほど、近くのマッサージから戻りましたが、首から背中、そして腰・・・全身の張りが半端なかったそうです。 「頭が痛くなったり、気持ち悪くなりませんでしたか?」 とセラピストさんに聞かれました。 全く、そ…

ファイナルスピーチ発表を終えて

発表会を終えて・・・ ほぼ全ての授業が終わることにもなりました。 前回3年生を担当した2年前と,何か劇的に変化があったか,と言われると,そこまでのものはなかったかもしれません。 しかし,振り返ってみると, 発表者が落ち着いて発表に臨んでいるこ…

ファイナルスピーチ発表会 進む

今日も,昨日に続いて各クラスでの発表会が続きました。 印象に強く残ったのは,普段は人前で積極的に意見を述べる機会が決して多くはない生徒たちのがんばりでした。 彼らが一人一人「がんばった!」と言うことが,そもそもおこがましいのかもしれません。 …

ファイナルスピーチ発表会 始まる!

ファイナルスピーチの発表会が始まりました。 今回は,前回3年生を担当した2年前と比べて,事前の設定で変化を加えました。 分量を抑え,A4サイズ1枚分の内容に凝縮させる 量よりも質を考える ということです。 前回は,A4で2枚,3枚と思いを綴る子…

ALTの先生との最後の授業 Kahoot!を活用して

getkahoot.com 本校では,ALTは1週間に1度,月曜日のみ来校します。 1クラス当たりで見ると,授業は2週間に1度,のペースで行われます。 3年生の授業は昨日で最後,になりました。 それぞれのクラスの生徒に,授業の中で, How are you feeling? Could…

英文法を知る 「謎解きの英文法」

謎解きの英文法 時の表現 作者: 久野すすむ・高見健一 出版社/メーカー: くろしお出版 発売日: 2013/08/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る 東京への電車の往復が増え,移動中にできた時間を利用して,普段できないイン…

気づきを引き出す 工夫 あれこれ

ファイナルスピーチの発表が来週火曜日以降に迫り,最後のリハーサルをしました。 今週は練習の機会を豊富に設けてきましたが,自分のスピーチを見つめる機会を工夫しながら設定しました。 生徒自身が自分で自分のよさと,改善すべき点に「気づく」ことがで…

ディベート授業 視聴の感想届く②

感想パート②が届きました。 ますます詳細です。本当にありがたい・・・ 感謝です! みんなで読んで学びましょう! * 先生とのインタラクションから授業がスタートし,アドバイスとして,個人の経験や好みに関することだけでは,説得力に欠けるから,コモン…

ありがとう 基礎英語2

NHKラジオ 基礎英語2 CD付き 2017年 03 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/02/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 2月14日に発売されたNHKラジオ基礎英語2の3月号、1年間の最後の号になります。 1年間巻末のQ&Aコーナー…

ディベート授業 視聴の感想届く①

茨城県の県央地区の自主研究会のメンバーで,私を先方の研修会に招いてくれている(何度も!)Mさん,これまでもメールなどを通して学びの交流をしています。 Mさんは本当に熱心な方で,自主研修を熱心にしたり,子どもたちの存在を大切にしながら授業改善を…

3年間 最後の洋楽

卒業前の授業が10時間を切り、ファイナルスピーチの発表練習をしているところです。 最後の洋楽を何にしようかな・・・と考えていましたが、生徒に聞いてみると、元気な歌がいい!という希望がほとんどでした。 そこで・・・最近の歌を探していると・・・ …

ディベート授業参観の感想が届きました

takaenglishteacher.hatenablog.com 2月9日にディベート授業を参観してくれた茨城大学のHさんからの感想が届きました。 こちらで紹介させてもらいますね。 ディベートの本番だけを見ると、これまでどんなことをやってきたんだろう、どんな指導をしてきたん…

ちょっとだけでも立ち止まって考えてみよう② 高校では何を学んでいるの?

www.textbook.or.jp 少し立ち止まって、の第二弾です。中3まで共に学んだ子どもたちは、高校に進んで(高校だけがキャリアプランの進路先ではないですが)何をどう学ぶのでしょう。 教科書を数冊手にとって中身を読んでみます。 コミュニケーション英語Ⅰで…

ちょっとだけでも立ち止まって考えてみよう①

昨年末の12月21日、中教審から答申が出されました。次の学習指導要領がもうすぐ出されることになりそうですが、その骨格をなすものになります。 私たち教師は日々息をつく暇もないほど忙しく、自分が日々行っている授業を通して、子どもたちに何を教えて…

ディベート,飛躍!

各クラス3回目のディベートを行いました。 今日は,以前に訪問をしてくれた茨城大学の4年生たちの仲間が,その時に来校できなかった,どうしても授業が見たい!ということで,1名,遠路を駆けつけてくれました。(Hさんです) 小雪が舞う中をやってきて…

見取りとコメント Writing指導を通して

ファイナルスピーチの下書き添削をしていると,それぞれの生徒のこだわりが見えてきます。 今日,添削をしていると,その子の伸びや課題が見えてきました。 みなさんなら,それぞれの子に,どんなフィードバックを返しますか? 160枚近い枚数を1枚1枚添…

ディベートを行って考えていること

各クラス2回目のマイクロディベートが終わりました。 ALTと相談して,いろいろなテーマを用意しました。 クラスごとにトピックを変えながら,子どもたちの反応を見ました。 School lunch should be introduced in our school. We should wear school unifor…

ファイナルスピーチの原稿を添削していて

一人一人が思いを込めて作文をしている原稿が1枚1枚上がってきます。 添削をしていて感じることは, ・Global errorが減っていること ・少し前に学んで,受容的な知識でとどまっていた後置修飾が,writingを通してactiveな知識になって表れてきたこと です…

神戸大学附属中等教育学校へ行ってきました

5年前に,それまであった附属学校を改編して新設された神戸大学附属中等教育学校の研究発表会に参加をしてきました。 公開されたのは,3年生(前期過程最終学年)と4年生(後期課程1年生)の授業です。 4年生は,高校1年生にあたります。 双方とも,授…

埼葛からのお便り 感動! ありがとうございます

お世話になった埼葛のMさんからメールが届きました。 事前に本当にお世話になったので、感謝していますが、メールを読んで、出かけて本当に良かったな・・・と思いました。 感動の誕生日プレゼント、ありがとうございます。 こうして学びの輪が広がっていく…

44歳,最後の日

明日は自分の45歳の誕生日です。 今日,ある生徒から,「先生,お誕生日おめでとうございます!」と声をかけてもらいました。 「え? なんで知っているの?」 「書店で基礎英語3を買うときに,基礎2の先生のQ&Aコーナーも読むようにしているんですよー。…

久々のインプット 「わかりあえないことから」 今の実践にドンピシャ

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書) 作者: 平田オリザ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/10/18 メディア: 新書 購入: 7人 クリック: 79回 この商品を含むブログ (49件) を見る 幸手への移動の車中で、久々に読書…

埼葛中学校英語授業研究会に出かけてきました

今日は1時間目の授業を終えて、東武線に揺られて埼玉県の埼葛地区の研修会に参加をしてきました。 takaenglishteacher.hatenablog.com 昨年10月に出かけた大宮、研修会後のお話でオファーをいただき、地区の研修会の授業参観と講評を行う、という役割です…

昔の友人に言われること

先日、高校時代の友人に会ったとき、随分落ち着いたな、と言われました。 大学時代の友人にも以前そんなことを言われた覚えがあります。 当時は、ただただまっすぐで、ギラギラしていて、自信満々だったそうです。 今は、できないことがあまりにも多すぎたり…

3年間の集大成 ファイナルスピーチへの道①

さあ,3年間の集大成,ファイナルスピーチへの道,生徒たちとともに歩み始めています。 昨年12月21日に出された中教審答申でも,これまでの4技能から,話すことを2つに分けて,話すこと(インタラクション・即興)と,話すこと(プロダクション・準備…

「個」を大切にすること 理屈じゃないんだ!

授業の最初の帯活動,3学期に入ってから,浜島書店のメールマガジン,じゃれマガを使った読解を取り入れています。 やさしい英文メールマガジン - じゃれマガ 3分ほどで1回分を読み,私が設定した問いの答えを探す,というものです。 基礎英語の活用によ…