英語教育

1年間の締めくくり 「1年間継続できたかな?」

NHKラジオ 基礎英語2 CD付き 2017年 02 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/01/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 巻末のQ&Aを執筆させていただいた基礎英語2、いよいよ年度末に近づき2月号まで発売になりました。 原稿は3月…

残り20時間をどうするか バックワードデザインの集大成を目指して

3年生の3学期,各クラスの授業数を数えてみると,多いところで25,少ないところで21時間しかありません。 この時間のラストが,教え子たちが1年生から受けてきた授業の総括になります。 教師サイドから見ても,各年度末のプロジェクトに向けてバック…

文教大学 4年生からの感想

文教大学の国際学部4年生が授業後に書いてくれた感想を1部1部目を通しました。 真摯な感想があふれ,本当に出かけてよかった・・・と改めて感じています。 質問があったら遠慮なく書いていいよ,と伝えたら,大学のアドレスが書かれた質問がたくさん寄せ…

文教大学国際学部 教職実践演習 一コマを担当してきました

今回で3回目(3年目)になる、学部4年生を対象とした教職実践演習の授業、一コマを担当してきました。 阿野先生には、こうした機会を与え続けていただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 お世話になっている大学の先生はたくさんいますが、地元の…

カナダのTさんからの投げかけ

カナダにて、博士課程で学んでいる仲間、Tさん。 山形で現場、それも同じ中学校教師として活躍していたTさんは、日本というEFL環境で、よりよい学びを生徒にさせたい、そのために、研究の道に・・・という夢を追いかけて、カナダに旅立ちました。 お互いの授…

12月8日の振り返り 埼玉のDさんからのメール

小学校外国語活動での長期派遣中であるDさんからも振り返りのメールが届きました。 またまたつながり、学びの輪が広がりました。 やった!! Dさん、忙しい中、ありがとうございます。本当に嬉しいです。 今後の研修の充実、発展を祈っています。 また機会が…

12月8日の振り返り 埼玉のNさんからのメール

学びの輪が広がります。 今日は、埼玉のNさんから、当時の観察記録と考察が送られてきました。 嬉しいですね・・・ Nさんの振り返りを紹介します。 隣県同士、今後とも是非学び続ける仲間でいてくださいね。 本当にありがとうございます! 5時間目 3年生 T…

ペアでの対話 パフォーマンステスト

英語室に隣接する準備室内のセッティング 今回用意したお題4点 学期末、コミュニケーション活動を中心とした授業の中で、新出の言語材料を織り交ぜて取り組ませているペアでの即興対話の積み重ねの成果を見るために、パフォーマンステストを行っています。 …

12月8日 富山から来校してくれた仲間とのメールのやり取り 続いていく学び合い

富山から駆けつけてくださったYさん、こんなに真摯に授業改善に向き合う仲間と出会えたことに感謝、そして感激しています。 Yさん、ありがとう!!!!! T先生 こんばんは。 最初に、なぜ先生の授業を見に行きたかったかということですが、自分自身が最近特…

12月8日 授業参観をした文教大学4年生からのメール

takaenglishteacher.hatenablog.com 神奈川は茅ヶ崎市湘南台にある文教大学国際学部阿野ゼミの4年生、Kくんが8日に来校し、授業参観と、卒業論文につながるインタビューをして行きました。 その後、Kくんからの振り返りメールが届きましたので、本人の了解…

日々のコミュニケーション活動の授業の出口で積み重ねる「書く!」の先に・・・

まとまった分量の英語を書かせたい・・・ そう願う先生はたくさんいると思います。 でも,そんなことが一朝一夕にできるわけはありません。 部活動の指導と一緒で,日々の積み重ねをすることが必要になりますね。 以前にも紹介しましたが,いきなり「書く」…

プログラムの内容を深く扱いたい③

Sunshine 3のProgram 7の出口で子どもたちに投げかけたこと・・・ What can you do to act for the world? その後,15分弱をかけてノートに作文をさせました。 これまで各セクションで彼らの思考を深めるような投げかけをしてきましたので,その成果がどの…

全国の仲間とのつながり

明日,富山,埼玉,神奈川から4名の訪問者を迎えます。 富山の来客は,このブログを通して,になります。縁ってすごいですね・・・。 こうして,ささやかでも,ローカルでも,首都圏で活躍することはなくとも,小さな貢献ができているかもしれないな・・・…

プログラムの内容を深く扱いたい②

Sunshine 3のProgram 7の学習が終わろうとしています。 テキストのセクションに入る前にやっていることは: ①Small Talk ・生徒が,題材を身近なものと関連付けたり,自分のことと関係のあることだと感じられたりするような工夫 ・題材に関する背景知識を活…

生徒たちの感覚って素敵だ!

英語準備室の入り口 「先生,飾りつけしてもいいですか?」 生徒たちから尋ねられて,もちろんいいよ,と答えると,あっという間にこんなふうにかわいく飾りつけをしてくれました。 いいですねー! ここに来てドアを開けるたびに気持ちが癒されるような気が…

学びのブースターは心が動くこと

普段はちょっと静かで,穏やか,ちゃんと自分の考えはあるけれど,人を押しのけて自分の考えを言うわけではない・・・優しくて・・・ のような生徒が,これまでに見たことのないような笑顔で話しかけてきました。 「先生,次の洋楽,アレクサンドロスなんで…

茨城大学の学部4年生が来校しました①

先日お邪魔した茨城県中部地区の自主研究会の研修に参加をしていた茨城大学の学生さん、その際、よかったら見学においでね、と話していたことを思い出して、ちゃんと連絡をくれました。 約束をしていても、行動に移すか、移さないか、というたった一歩の違い…

プログラムの内容を深く扱ってみた

1つ前の投稿のように,授業で扱うプログラムの内容を深く扱ってみようと試みました。 まず,small talkとして,生徒たちが行ったことのある外国について聞いてみました。現在完了形の経験用法や,過去形の復習にもなっていますね。 Have you ever visited a…

残りのプログラム3つを深く扱いたい

中学校で学ぶプログラムも残すところあと3つとなりました。 最後のプログラムはマララさんの読み物になるので、一般的なプログラムは2つ、になります。 高校生になってから、教え子たちがどんな授業を受けるだろう、ということを想起しながら、彼らが大き…

教育実習生、みなさん

高円宮杯から帰って翌日の今日でしたが、地元の大学で行われた高校の先生を主体とした研修会に参加をしました。 円卓をいくつも作って、それを囲む形で環境が整えられ、カジュアルな雰囲気の中で研修が進みました。 テーマは、「チーム英語科」をどう作るか…

高円宮杯から学んだこと

決勝大会が行われた読売会館ビル 2泊3日の高円宮杯の全日程が終わり、帰りの新幹線です。 決勝大会に出場した27名のスピーチはどれをとっても本当に素晴らしいものでした。 コンテストで入賞するためのハウツー、のようにまとめるのはあまりにももったいな…

振り返りを大切に

振り返りカード 昨日の代休の午前中,半日をかけて4クラス分の群読振り返りカードを読んでコメントを返していました。 検印のみで終わり,はがんばって振り返りをしている子どもたちに対して敬意がないことだな,と思うので,時間をかけてでも1枚1枚しっ…

Best Performance Ever

赤坂区民センター 高円宮杯関東ブロック予選が終わりました。 朝家を6時前に出たので,会場には7時台に到着しました。風が冷たかったのですが,2度目の会場入り,落ち着いて迎えられました。 かつての経験がある,ということはやはり大きいですね。 生徒…

Road to 高円宮杯 いよいよ明日

創立記念日の一日もあっという間に過ぎて行きました。 朝から出勤!して、 ①群読発表会の振り返りシートへのコメント書き ②学年主任としての事務 ・対外表彰に関しての資料準備と担任への配布準備 ・私立高校入試出願のメンバー検討 ③冬休みの部活動予定調整…

インタラクションにおぼれない

授業をする際、この頃最も大切にしているのが、インプット、そしてインタラクションです。 モデルとなるインプットを豊富に与え、その流れの中で自然に生徒たちを巻き込んでインタラクションへと繋いでいく、というのが、自分らしい流れだな、とこのところ感…

授業にどれくらいの力をかけられるか

3年生が1年生に職場体験学習について話をする、という縦割りでの取り組みが行われています。 今年も昨日、その取り組みが無事に終わりました。 短い準備期間の中で、各クラス8名が後輩の教室を訪問しました。 昨日と今日は、総合的な学習の時間の総まとめと…

Road to 高円宮杯 Final Stage

手軽で便利な機能を活用! 23日に迫った高円宮杯中央大会(関東ブロック予選)に向けて、練習の日々が続きます。 県予選を突破した代表生徒にとって、もう一段階上を目指そう、というエネルギーを高めさせるのは簡単ではありませんね。 一度達成感を感じて…

文科省へ行ってきました

今日は、都道府県・指定都市教育委員会外国語教育担当者説明会が開催されるため、虎ノ門の文科省へ出かけました。 旧知の先生方に再会できる偶然があったり、地元から出かけてこられている先生方にも会えたりと、嬉しいことがありました。 特に、英語授業研…

授業DVDを視聴してくださった秋田のO先生からのメール

先日ここでも話をした,隣市のALTの研修の際に見ていただいた授業,せっかくなので,半年ぶりくらいにビデオ撮影をしました。 その後,秋田のO先生に本当に久々にお送りし,見ていただきました。 新潟のM先生には群読を,O先生には授業を,こうしてコメント…

Road to スピーチコンテスト2016 完結編

今日は、県のスピーチコンテストの日でした。 以前報告していた、市のスピーチコンテストを最優秀で突破した生徒が県大会を迎えました。 takaenglishteacher.hatenablog.com 地区大会から少しだけ間隔を空けて再開した練習でしたが、高円宮杯に出場する生徒…

向き合う!

日本のことを紹介しよう! 開隆堂Sunshine 3のMy Project 8、日本文化を紹介しよう、の4人グループでの作品が出来上がってきました。 各グループごとにアイデアを練り、自分たちなりの良さを出そうと取り組んだ成果です。いいですよねー! 生徒の力が伸びて…

ワークの提出をさせて思うこと

11月1日にワークの回収をしました。 忙しい中学生を思い、いつもかなり早くからアナウンスをして、見通しを持って取り組めるようにしています。 現任校初年度に、隣の席の先輩からアドバイスをいただきました。 (後に、保護者の方からの相談があったこと…

学びを愉しむ子どもたち 教師の想定を超えて伸びていく

一昨日,最後のクラスの群読発表会が終わりました。 4クラス中,時間割変更などの影響を受けて,練習から発表までの時間が空いてしまったクラスでした。 授業のスケジュールとして,+αの時間がなかなか取れず,こういうときこそ,普段の授業の成果がどれだ…

子どもたちが伸びてきているなあ

開隆堂Sunshineには,学期末などのタイミングでプロジェクト的なアウトプット活動が位置付けられています。 3年生がちょうど今取り組んでいるのが,My Project 8です。日本文化について紹介するプロジェクトを,4人の班で行う協同的な学びにして実施するこ…

英語科教育法1b

今日は、2コマ目に合わせ、大学の実地講習に出かけました。 来年に教育実習を控える2年生を対象に、実際の授業について伝える役割をいただきました。 昨年度に引き続きの担当ですが、今年は新たに評価について、というお題もいただいたため: ①大学生を中…

英語が英語のまま入ってくるような実感

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年 11月号 出版社/メーカー: アルク 発売日: 2016/10/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る バックナンバーのCDを出勤・退勤のときの車の中で聞き続けて,かれこれ1か月半くらいは経つでしょ…

群読発表会DVDを通した学びの交流 新潟,M先生との学び①

みなさん,自分の授業を開いていますか? 仲間の授業が気軽に見られて,事後,ディスカッションできますか? 以前,大修館の英語教育でコラボ記事を書かせていただいた新潟のM先生と,久々にDVDの交流をしました。 研修会等で出会った県外の仲間(M先生…

霜月 2016

12時を過ぎ、11月になりました。 2016年もあっという間に終わって行きそうな勢いです。 今の教え子たちとの授業も、カウントダウン、です。 発行している英語便りにも書いて、直接4クラスすべてで伝えたことは、 「君たちと学べている幸せを噛み締…

学びを愉しむ私

生徒たちが書いてくれた背景画 群読発表会の際,黒板アートのようなノリで,自由に背景を描いてねと教科係の生徒に頼んでおくと,前の休み時間を利用しながらこんな絵を準備してくれます。 学びを愉しむためのちょっとした工夫ではありますが,子どもたちが…

隣の市のALT研修

昨日は,隣の市のALT8名が,指導主事さんとともに来校し,英語の授業を参観してディスカッションをしていきました。 授業が入っていて午後のディスカッションには参加できませんでしたが,国籍や性別,年齢が違うALTたちがたくさんやってきて,子どもたちは…

ワークブック あれこれ

長らく同じワークブックを使ってきた勤務校ですが,ずっと思っていたことは, 「このワークブックを手にして,子どもたちが使ってみたい,学んでみたい,と思うか。」 ということでした。 また, 「自分たちが日ごろ行っている授業に対応しているのか。」 普…

群読発表会からの気付き 子どもたちの現在地点の把握

群読発表会を聞きながら,子どもたちの発音を吟味していました。 年間を通して指導していることが形になっているな,と感じたこともありました。 ●・●・●・●・● 強弱の繰り返し よくなっていました! また,個別の音声としては,[ t ] [ d ] [ s ] [ z ] な…

群読発表を終えた生徒たちの声

今日までに4クラス中2クラスが発表を終えました。 終わって見ると、早いなあ、あっという間です。 4時間を確保しましたが、もう少し練習がしたい、という声が振り返りの中でたくさん聞こえてきました。やはり、時間を十分配当し、思い切り取り組める環境…

学びを愉しむ子どもたち 群読発表会より

4クラスの先陣を切って,今日1クラスの発表がありました。 10のグループによる発表がありましたが,どのグループも個性を生かした朗読をしてくれました。 開けてみないと分からない,どんな朗読になるかな,という状況がいいムードを醸し出し,聞き手も…

定型表現を覚えるようなセクションの扱いは・・・

今日のALTの先生とのティームティーチングの授業は,電話のやりとり,伝言を残す,という内容を扱いました。 授業をしながらやっぱり思ったことは,定型表現をただ覚える,ということに,子どもたちの心は動かない,ということでした。 練習をしていても,元…

埼玉県「英語教育を熱く語る会」

会場の大宮ソニックシティ 昨日、10月22日(土)、大宮駅すぐのソニックシティを会場にして開かれた、埼玉県の長期研修修了生を中心とした研究会「英語教育を熱く語る会」に参加をしてきました。 今回は英検講師としての立場でお話をさせていただきまし…

群読

教育実習が終わったら再開,と約束していた「群読」の実践が始まりました。 教科書の読み物教材を活用し,4人の小グループで朗読をさせる取組です。 Sunshine 3のProgram 4 Faithful Elephantsの内容理解を終えた後: 4時間を使って行います。 1時間目 4…

中学校3年生の秋らしく

中3の後半に入って、洋楽を歌う子どもたちの姿にも変化が現れているなと感じます。 中2の最初は元気満々で、ノリノリで歌う姿も多く見られましたが、この頃は(受験勉強の疲れもあることもあって)しっとりとリラックスして歌っていたり、聴くことを楽しん…

Another road to スピーチコンテスト

先日、担当している教え子が高円宮杯の県予選で最優秀賞を受賞し、中央大会へ進出した嬉しいニュースについて触れましたが、今日は、県のスピーチコンテストへの出場をかけた地区大会が行われ、もう一人の教え子が参加をしていました。 高円宮杯に出る生徒の…

あの熱意が今あるのか

前の投稿でまとまった英文を書く指導の工夫について書きました。 卒業生たちが残してくれたワークシートがその時の自分たち(生徒と自分)の取り組みを思い出させてくれます。 今見返すと、本当に情熱を持って指導に当たっていたんだなあ・・・となんだか人…