読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Road to 高円宮杯 いよいよ明日

創立記念日の一日もあっという間に過ぎて行きました。 朝から出勤!して、 ①群読発表会の振り返りシートへのコメント書き ②学年主任としての事務 ・対外表彰に関しての資料準備と担任への配布準備 ・私立高校入試出願のメンバー検討 ③冬休みの部活動予定調整…

インタラクションにおぼれない

授業をする際、この頃最も大切にしているのが、インプット、そしてインタラクションです。 モデルとなるインプットを豊富に与え、その流れの中で自然に生徒たちを巻き込んでインタラクションへと繋いでいく、というのが、自分らしい流れだな、とこのところ感…

授業にどれくらいの力をかけられるか

3年生が1年生に職場体験学習について話をする、という縦割りでの取り組みが行われています。 今年も昨日、その取り組みが無事に終わりました。 短い準備期間の中で、各クラス8名が後輩の教室を訪問しました。 昨日と今日は、総合的な学習の時間の総まとめと…

Road to 高円宮杯 Final Stage

手軽で便利な機能を活用! 23日に迫った高円宮杯中央大会(関東ブロック予選)に向けて、練習の日々が続きます。 県予選を突破した代表生徒にとって、もう一段階上を目指そう、というエネルギーを高めさせるのは簡単ではありませんね。 一度達成感を感じて…

文科省へ行ってきました

今日は、都道府県・指定都市教育委員会外国語教育担当者説明会が開催されるため、虎ノ門の文科省へ出かけました。 旧知の先生方に再会できる偶然があったり、地元から出かけてこられている先生方にも会えたりと、嬉しいことがありました。 特に、英語授業研…

授業DVDを視聴してくださった秋田のO先生からのメール

先日ここでも話をした,隣市のALTの研修の際に見ていただいた授業,せっかくなので,半年ぶりくらいにビデオ撮影をしました。 その後,秋田のO先生に本当に久々にお送りし,見ていただきました。 新潟のM先生には群読を,O先生には授業を,こうしてコメント…

Road to スピーチコンテスト2016 完結編

今日は、県のスピーチコンテストの日でした。 以前報告していた、市のスピーチコンテストを最優秀で突破した生徒が県大会を迎えました。 takaenglishteacher.hatenablog.com 地区大会から少しだけ間隔を空けて再開した練習でしたが、高円宮杯に出場する生徒…

向き合う!

日本のことを紹介しよう! 開隆堂Sunshine 3のMy Project 8、日本文化を紹介しよう、の4人グループでの作品が出来上がってきました。 各グループごとにアイデアを練り、自分たちなりの良さを出そうと取り組んだ成果です。いいですよねー! 生徒の力が伸びて…

ワークの提出をさせて思うこと

11月1日にワークの回収をしました。 忙しい中学生を思い、いつもかなり早くからアナウンスをして、見通しを持って取り組めるようにしています。 現任校初年度に、隣の席の先輩からアドバイスをいただきました。 (後に、保護者の方からの相談があったこと…

学びを愉しむ子どもたち 教師の想定を超えて伸びていく

一昨日,最後のクラスの群読発表会が終わりました。 4クラス中,時間割変更などの影響を受けて,練習から発表までの時間が空いてしまったクラスでした。 授業のスケジュールとして,+αの時間がなかなか取れず,こういうときこそ,普段の授業の成果がどれだ…

子どもたちが伸びてきているなあ

開隆堂Sunshineには,学期末などのタイミングでプロジェクト的なアウトプット活動が位置付けられています。 3年生がちょうど今取り組んでいるのが,My Project 8です。日本文化について紹介するプロジェクトを,4人の班で行う協同的な学びにして実施するこ…

英語科教育法1b

今日は、2コマ目に合わせ、大学の実地講習に出かけました。 来年に教育実習を控える2年生を対象に、実際の授業について伝える役割をいただきました。 昨年度に引き続きの担当ですが、今年は新たに評価について、というお題もいただいたため: ①大学生を中…

英語が英語のまま入ってくるような実感

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2016年 11月号 出版社/メーカー: アルク 発売日: 2016/10/06 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る バックナンバーのCDを出勤・退勤のときの車の中で聞き続けて,かれこれ1か月半くらいは経つでしょ…

群読発表会DVDを通した学びの交流 新潟,M先生との学び①

みなさん,自分の授業を開いていますか? 仲間の授業が気軽に見られて,事後,ディスカッションできますか? 以前,大修館の英語教育でコラボ記事を書かせていただいた新潟のM先生と,久々にDVDの交流をしました。 研修会等で出会った県外の仲間(M先生…

霜月 2016

12時を過ぎ、11月になりました。 2016年もあっという間に終わって行きそうな勢いです。 今の教え子たちとの授業も、カウントダウン、です。 発行している英語便りにも書いて、直接4クラスすべてで伝えたことは、 「君たちと学べている幸せを噛み締…

学びを愉しむ私

生徒たちが書いてくれた背景画 群読発表会の際,黒板アートのようなノリで,自由に背景を描いてねと教科係の生徒に頼んでおくと,前の休み時間を利用しながらこんな絵を準備してくれます。 学びを愉しむためのちょっとした工夫ではありますが,子どもたちが…

隣の市のALT研修

昨日は,隣の市のALT8名が,指導主事さんとともに来校し,英語の授業を参観してディスカッションをしていきました。 授業が入っていて午後のディスカッションには参加できませんでしたが,国籍や性別,年齢が違うALTたちがたくさんやってきて,子どもたちは…

ワークブック あれこれ

長らく同じワークブックを使ってきた勤務校ですが,ずっと思っていたことは, 「このワークブックを手にして,子どもたちが使ってみたい,学んでみたい,と思うか。」 ということでした。 また, 「自分たちが日ごろ行っている授業に対応しているのか。」 普…

群読発表会からの気付き 子どもたちの現在地点の把握

群読発表会を聞きながら,子どもたちの発音を吟味していました。 年間を通して指導していることが形になっているな,と感じたこともありました。 ●・●・●・●・● 強弱の繰り返し よくなっていました! また,個別の音声としては,[ t ] [ d ] [ s ] [ z ] な…

群読発表を終えた生徒たちの声

今日までに4クラス中2クラスが発表を終えました。 終わって見ると、早いなあ、あっという間です。 4時間を確保しましたが、もう少し練習がしたい、という声が振り返りの中でたくさん聞こえてきました。やはり、時間を十分配当し、思い切り取り組める環境…

学びを愉しむ子どもたち 群読発表会より

4クラスの先陣を切って,今日1クラスの発表がありました。 10のグループによる発表がありましたが,どのグループも個性を生かした朗読をしてくれました。 開けてみないと分からない,どんな朗読になるかな,という状況がいいムードを醸し出し,聞き手も…

定型表現を覚えるようなセクションの扱いは・・・

今日のALTの先生とのティームティーチングの授業は,電話のやりとり,伝言を残す,という内容を扱いました。 授業をしながらやっぱり思ったことは,定型表現をただ覚える,ということに,子どもたちの心は動かない,ということでした。 練習をしていても,元…

埼玉県「英語教育を熱く語る会」

会場の大宮ソニックシティ 昨日、10月22日(土)、大宮駅すぐのソニックシティを会場にして開かれた、埼玉県の長期研修修了生を中心とした研究会「英語教育を熱く語る会」に参加をしてきました。 今回は英検講師としての立場でお話をさせていただきまし…

群読

教育実習が終わったら再開,と約束していた「群読」の実践が始まりました。 教科書の読み物教材を活用し,4人の小グループで朗読をさせる取組です。 Sunshine 3のProgram 4 Faithful Elephantsの内容理解を終えた後: 4時間を使って行います。 1時間目 4…

中学校3年生の秋らしく

中3の後半に入って、洋楽を歌う子どもたちの姿にも変化が現れているなと感じます。 中2の最初は元気満々で、ノリノリで歌う姿も多く見られましたが、この頃は(受験勉強の疲れもあることもあって)しっとりとリラックスして歌っていたり、聴くことを楽しん…

Another road to スピーチコンテスト

先日、担当している教え子が高円宮杯の県予選で最優秀賞を受賞し、中央大会へ進出した嬉しいニュースについて触れましたが、今日は、県のスピーチコンテストへの出場をかけた地区大会が行われ、もう一人の教え子が参加をしていました。 高円宮杯に出る生徒の…

あの熱意が今あるのか

前の投稿でまとまった英文を書く指導の工夫について書きました。 卒業生たちが残してくれたワークシートがその時の自分たち(生徒と自分)の取り組みを思い出させてくれます。 今見返すと、本当に情熱を持って指導に当たっていたんだなあ・・・となんだか人…

まとまった英文を書くための指導の工夫

前の投稿で触れた「まとまった英文を書くための指導の工夫」について,ちょっと具体を紹介しようと思います。 Sunshineでは,年度末にプロジェクトが設定されていますね。スピーチをさせることが多いと思いますが,その際,どんなふうに指導すればよいでしょ…

茨城県の研修会にお邪魔しました

茨城町での研修会場 これで通算3度目,同じ研究会が主催する研修会の講師としてお呼ばれをしてきました。 同じところから続けてのオファーが来る,ということは,本当に嬉しいことですね。 3度目,となると,その嬉しさも格別です。 また話が聞いてみたい…

どの子も熱中する授業なんて・・・

ハーバード白熱教室・・・ どの子も熱中する授業!? キャッチ―で魅力的なフレーズですよね。 書店にはたくさんの本が並び,背表紙には「生徒をマネジメント・・・」「アクティヴ・ラーニング・・」,それを読めば思わず,「あ,自分にもできる!」と思って…

気をつけなきゃ! ありがとう Takaさん

2つ前の投稿で,現在分詞の形容詞的用法について扱ったコミュニケーション活動の授業の一部を紹介しました。 山形で現場の先生をしていて,その後SLAの研究者になるべくカナダに渡ったOさん(Takaさん)からコメントがありました。 「ああ!」 写真を提示す…

久しぶりの授業を通して考える

昨日から後期の時間割がスタートしました。 高円宮杯の出張があったので、英語の授業は実質今日から再開となりました。 水曜日は学年の会議もあるので、授業は2時間、空き時間が2時間(5時間中)の日です。水曜日はラッキーデー!空き時間が2つも!! と…

Road to 高円宮杯② おめでとう!

県予選会場 今日、高円宮杯 全日本中学校英語弁論大会の県予選が行われました。 結果は、見事最優秀賞、11月の中央大会への切符を手に入れてくれました! 代表となった教え子さん、本当におめでとう!! 練習の成果が実って、見事に切符を獲得できましたね…

実習生のコメントに思う

昨日、最終日の退勤時に担当した教育実習生から色紙をプレゼントしてもらいました。 実習生とはいえ、自分なりに 「こんなふうにしたいな」 「あんなことできたらいいな」 という思いや願い、考えを持っています。 そりゃあ、当たり前ですよね。 たとえ間違…

Road to 高円宮杯

10月4日、高円宮杯英語弁論大会の県予選が行われます。 学校代表1名のみが参加できる大会のため、例年最上級生である3年生が校内での出場枠を獲得します。 現在の学校で3回目の3年生所属となり、今年は代表生徒と県予選に臨みます。 県代表に選ばれる…

教育実習 A Go Go! 小研究授業終わる

昨日に引き続き、今日は教育実習生の小研究授業2日目でした。 同じ単元内で、同じような場所を選んでも、授業の持ち方はやはり授業者次第です。 様々な表情を持った授業となっていました。 今日一番感動的だったのは、これまで生徒たちとのつながりをなかな…

ポスト 教育実習

30日から、自分の授業が再開します。 クラスごとの進度が大きくずれて、まずはその調整を図らないといけませんね。 また、聞き合う関わり、響き合う集団づくりをもう一度作り直していくことも必要ですね。 4月に学習習慣や授業規律を作っていったように、…

教育実習 A Go Go! 小研究授業初日

今日、4人の実習生のうちの2人が、無事に小研究授業を終えました。 中3のこの時期、言語材料も間接疑問文、という難しいものを抱えましたが、落ち着いて授業を進めることができました。 また、2人が挑戦したのが、教科書の内容理解です。 小研究授業とい…

教育実習 A Go Go! 小研究授業前夜

怒涛の月曜日・・・ 朝からノンストップの1日でした。 朝の会・・・・・・・・・・・・出張の担任の代わり 1・2時間目(空き時間のはず) ・・・遅刻生徒の対応 関東地区の研究会の受付名簿の突き合わせ 2時間目後半(空き時間のはず) ・・・前期の実技…

生徒たちの姿を見ていて思うこと

教育実習も明日から最終週、小研究授業を火曜日・水曜日に控え、山場を迎えています。 悩んだり、苦しんだりしながらも、生徒たちとともに授業を作ろうと奮闘している姿を見て、自分を重ねながら、できる限り丁寧に実習生に関わろうとしています。 実習生の…

授業のカタチ

教育実習第2週が終わりました。 教科書の内容理解の授業とは・・・ コミュニケーション活動を中心とした授業とは・・・ 実習生たちと毎日ディスカッションを続けてきました。 第2週を終えて、今日話し合ったことは、 授業をミクロにだけ見るのではなく、マ…

文法指導を生徒たちと行う協同的なものにしたい

教科書の内容理解の授業の流れの中で、本文中に含まれるターゲット文をどう指導するか、というステップがありますね。 内容理解を行う上でも重要になりますし、新出言語材料の意味や用法を生徒に理解させるためにも大切なステップです。 みなさんはどんなふ…

教育実習 A Go Go! 壁にぶつかる

なかなか思うようにいかない・・・ そんなときは何事においてもよくあることですね。 教育実習もまた然り・・・ 慣れない「勤務」,アイデアが浮かばないもやもやとした時間,蓄積する疲労・・・ そうしたことがボディブローのように効いてきて,実習生から…

聞き流すだけでは英語力は伸びない・・・

夏休み明けから、車での移動中に車内で英語を聞くようにしています。 英語の雑誌に付属しているCDを聞いていますが、スーッと理解できるものと、そうでないものがあります。 背景知識のあるものは理解しやすい一方で、専門外の語彙が多数含まれるものや、聞…

コア・カリキュラム(試案)に思う

今後の英語教員養成、また英語教員研修に向けて、試案が提案されているコア・カリキュラム。 学会から意見聴取、という形で依頼が来たので、拙いながら自分なりの考えを書き出して、送りました。 みなさんはコア・カリキュラムについて、どう考えますか? 英…

教育実習 A Go Go Small Stepsを刻めているか

教科書の内容理解の授業、どんなステップを踏んで、生徒に内容理解をさせるか、また、どんな文法指導を行うか、音読をどのように行わせるか・・・ コミュニケーション活動を中心とした授業、どんなステップを踏んで、生徒に対話させたいモデルを提示するか、…

教育実習 A Go Go! 一歩一歩前進

連日,睡眠時間を削る日々が続きます。 関東を巡り,8年に一度廻ってくる大きな行事が11月に控え,その影響で各種行事が圧縮した日程の中で行われている今年度です。 教育実習を実施しながら,重層的に積みあがっている仕事を丹念にこなしています。 帰宅…

未来の先生の卵に関わること 授業って難しい

観察記録と実習日誌 土曜日の運動会、日曜日の部活指導(今週末は新人大会)、というノンストップの週末を経て、いつものように、変わらず月曜日がやってきました。 教育実習は3日目、いよいよ実習生による授業が始まりました。 3時間授業を公開し、1時間…

焦らない、焦らない

今週末の土曜日に運動会を控え、度重なる台風の接近や、残暑の影響などで急遽の日課変更があるなど、今週は不安定な毎日を送っています。 運動会予行後の職員会議も長時間に及び、今週の退勤時間は非常に遅くなっています。 救いなのは子どもたちのがんばり…

群読 in 2016

かわいそうなぞう (愛と平和シリーズ) 作者: 土家由岐雄,久保雅勇 出版社/メーカー: 童心社 発売日: 1985/11/01 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る Faithful Elephants: A True Story of Animals, People, and War 作者: Yukio Tsuchiya,Ted Lewi…