読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かが待っていてくれることの幸せ

3人の子育てをしていると,本当に親の大変さが身に沁みて感じられます。

 

三人三様,それぞれが本当に違っていて,どじでも,言うことを聞かなくても,とにかくなんでも,本当にかわいいです。

 

末っ子は病院にお世話になる機会が多く(元気満々で困るくらいなのですが),今日も病院のために仕事を休まなければならなかったのですが,そういった場面でも一緒に時間を過ごし,つらいことも共にすることで,より一層つながりが濃くなるんだな・・・という気がします。

 

小さなころ,とにかく臆病で,当時はまだ学校で行われていた集団接種での予防接種のときにも体育館中を逃げ回っていたことをよく覚えています。

 

でも,我が子たちは注射も,手術も,入院も,よくがんばってくれます。えらいなあ・・・

 

今日も,看護師さんが採血に失敗して,2回目の針が体内に入ってくる時も,「大丈夫」と言ってがんばっていました。看護師さんが感心していました。

 

病院の帰り路,今度は男の子の骨折の書類を受け取りに,別の病院へ・・・

 

その合間に2年半前の事故の件で(被害に遭いました)保険やさんに問い合わせの電話をし・・・

 

休みは取ったものの,勤務をしている以上に動きまわってあっという間に一日が終わってしまいました。

 

隣では我が家初めての受験生が過去問を解いています。

 

下の二人はすやすや・・・ですが・・・(笑)

 

 

そんな中,メールをチェックすると,茨城は水戸の先生からのメールが入ってきました。

 

ちょうど1年前にお邪魔した水戸市近郊の先生方を中心とした研究会の研修にお呼ばれしました。

 

嬉しいことに,そのときに御一緒した先生方から,またお話を!というリクエストが出たそうです。また,その時に都合がつかなかった先生方からも,ぜひもう一度機会を!というお話も・・・

 

感涙・・・

 

自分のような存在でも,こうして待っていてくれる人がいるんだなあ・・・そう思うと,嬉しさでいっぱいになります。

 

本当にありがとうございます。

 

これからも,こうした大事なつながりを大切にしていきたいと思います。

 

 

2月20日,茨城へ伺います。

 

隣県同士,つながりましょう!!