読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keyword Reproductionを位置づけたら生まれた,いい効果

教科書の内容理解の授業の出口に位置づけたKeyword Reproduction,いい効果が生まれてきています。

 

教科書の内容理解の最後に,音読をします。

 

①教師の範読に続いて

 

②モデル音声を収録したCDの音声に続いて

 

③自分自身で

 

④Over wrappingで

 

というところまでにして,敢えて授業を終えます。

 

最後に,A5サイズに印刷したキーワードを配布し,次の時間の最初に,復習を兼ねて,ペアでどこまでできるか,お互いに確かめ合う形でKeyword reproductionをするよ,と予告して授業を終えるのです。

 

次時になり・・・

 

少し早めに教室へ行くと,どのクラスも,A5の紙を手に持って,reproductionに挑戦している子どもたちの姿がたくさん見えるのです。

 

「!」

 

おお! そんなふうにしろ,とは言っていないのに,好ましい反応が出ている!と嬉しくなりました。

 

ファイナルスピーチへの橋渡しだよ,ということを共有したこともあるでしょう。

 

また,ペアでできばえを確かめ合う,という要素も効いているでしょう。

 

家で忙しい,から,授業前に,駆け込みで・・・もあるでしょう(笑)。

 

 

いずれにしても,自発的に子どもたちが動くきっかけとなっていること,よかったなあ,と思います。

 

 

やったー!