読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不必要に自分を卑下しないこと

昨夜は,宇都宮に前泊された太田洋先生とともに,杯を交わすことができました。

 

二人でお話をさせていただくのは本当に久しぶりで,先生が貴重な時間を割いてくださったおかげで,本当に有意義な時間を過ごすことができました。

 

私自身,明日で44歳になります。

 

今後,自分が何をがんばって,どんな道を進んでいくのか,太田先生の言葉を聞きながら,考える機会になりました。

 

 

自分が授業で行っていることが,経験則や教師の勘だけで支えられているのではなく,先行研究に照らしてみて,どんな意味を持っているのか,改めて学び直してみたい・・・

 

そう強く思いました。

 

教師として,そして,学び続ける存在として,年齢は関係なく学んでいきたいと思います。

 

その中心には,もちろん,子どもたちを置くことを忘れずに。

 

 

太田先生から何度も言われたこと・・・

 

それは,「不必要に自分を卑下しないこと」でした。

 

 

自分の性格だと思うのですが,同世代,後輩でがんばっているキラキラした人たちを見ると,どうしても自分なんて・・・と勝手に自分を下げて見てしまうことがあります。

 

そのせいか,話をしていると,「自分なんて・・・」と口に出している自分がいるのです。

 

 

「がんばっている,でも,まだこれからの部分がある」

 

だけで終わり。

 

「自分なんて全然ダメです」はNG.。

 

です。

 

 

地元で一緒に学んでいる仲間たち,後輩たちが,私が「自分は全然ダメ」と言ってしまったとき,『「Tさんがそうなら,自分はいったい?」と思わせちゃあだめだよ!』,太田先生はそう教えてくださいました。

 

 

43歳の最終日に,自分の気持ちを整理する言葉に出会えて,本当によかったです。

 

 

謙虚に誠実に真摯に・・・は忘れず,でも,不必要に自分を卑下しないこと,を忘れずに44歳からの毎日を過ごしていきたいです。

 

 

太田先生,ありがとうございます!