読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顔を出す,声をかける,お礼を伝える・・・ みんな,「あなたに関心がありますよ」のサイン

学校生活

学年主任として心がけていること,それは:

 

顔を出す

 

声をかける

 

お礼を伝える

 

そもそも,生徒でも,教師でも,相手に関心があるよ,ということを目に見える形で,そして,さりげない形で,両方,意識して行うようにしています。

 

たとえば,

 

学年のスタッフに,卒業文集や卒業アルバムの担当を依頼したら・・・

 

声をかけて進捗状況を確認したり,

 

いいアイデアや取り組みに称賛の言葉をかけたり,

 

面倒なことを済ませてくれたら気持ちのよいお礼を伝えたり,

 

放課後の実行委員会があれば顔を出したり,

 

そうしたことができるように・・・と努めています。

 

 

 

これまで仕えてきた学年主任で,この人とまた仕事がしたいなあ・・・と思えるような存在(メンターとしての先輩)を見習って,心が配れる自分でありたいと思っています。

 

昨年,一昨年,自分が何かを担当したとき・・・

 

 

あの大変なアルバムの作業をしていて,声をかけてもらうことはなかったなあ・・・(褒められようと思っているわけではないのですが・・・せめてがんばっている生徒たちに声をかけてほしかった・・・)

 

あの時,さりげなく声をかけてもらって嬉しかったなあ・・・

 

 

ということを今に還元したい・・・

 

 

その気持ちです。

 

 

仕事であっても,事務的なことであっても,ファミリーとして,互いが協同的に連携し合える職場であってほしい・・・

 

 

そのためにできること,1つでもがんばろう!