読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は変えられない 物事を思い通りに進ませることはできない

自分の権限の範囲はどこからどこまでなのだろうか、それを考えれば、自ずと、自分の発言によって影響力を発揮できるところも決まってきますね。

 

自分とは違う学年

 

自分とは違う学校

 

自分とは違う部活動

 

自分の担当外の校務分掌

 

 

 

 

 

どれも、自分の権限がカバーする範囲外です。

 

たとえ、疑問に思い、おかしいのではないか、と思うことがあったとしても、どうにもできない可能性の方がはるかに高い、ということです。

 

 

うーん・・・ おかしいなあ・・・

 

そう感じたとき、昔ならストレートに批判をし、まっすぐぶつかって軋轢を生んでいました。

 

今ならきっと、変化球を選択するでしょう。

 

誰と連携し、協力したら、そのことに対して働きかけができるのか、また、誰が、もしくは、どのようにアプローチをしたら、変化をする可能性があるのか、そう考えると思います。

 

 

どうにもならないことで心を乱すよりも、自分ができることに注力すること、もともと微力な自分には、それしかできないのだから・・・

 

そう思います。

 

 

何かおかしい、と感じたとき、みなさんはどうしていますか?