読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼葛からのお便り 感動! ありがとうございます

お世話になった埼葛のMさんからメールが届きました。

 

事前に本当にお世話になったので、感謝していますが、メールを読んで、出かけて本当に良かったな・・・と思いました。

 

感動の誕生日プレゼント、ありがとうございます。

 

こうして学びの輪が広がっていくのは、嬉しいですよね!

 

また出かけていきますね!

 

 

 昨日は遠方から我らが埼葛地区までお越しくださり、大変ありがとうございました。

 

 「学力向上」という、少々漠然としたテーマで臨んだ今回の授業研究会でしたが、T先生のお話をいただいて、改めて「学力」について考えさせられました。私自身は今回のお話で、「学力向上のために、ドリルやトレーニングを徹底的に行う、量を増やす」というのはどうなのかな、としみじみ感じました。

子どものために、と思っていることが、返って興味関心を奪ったり、子ども同士の学び合いにつながっていなかったり、という方向に向かってしまうこともありそうだな、と思いました。

 

 長期研修の時、「学力は徐々に向上するのではなく、ある機会をきっかけに一気に向上する」という話を聞いたことがありましたが、昨日またそれを思い出しました。短期的な伸び率を見て一喜一憂するのではなく、長期的視点で=それも中学3年間を超えて、高校卒業時や成人を迎えた時、更に先を見て=彼らの学びの土台を作ってあげないと、と再び感じています。数値的目標を立ててその達成に躍起になる近頃ですが、先生のお言葉通り「立ち止まって」、学力とは何かを見つめ直さないと、良からぬ方向に教育全体が向かってしまうのかもしれません。

 

今後も宜しくお願いします。どこかでまたご縁がありましたら、お話を聞かせてください。ありがとうございました。