読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学びを愉しむ子どもたち 群読発表会より

4クラスの先陣を切って,今日1クラスの発表がありました。

 

10のグループによる発表がありましたが,どのグループも個性を生かした朗読をしてくれました。

 

開けてみないと分からない,どんな朗読になるかな,という状況がいいムードを醸し出し,聞き手も聞き入ったり,笑ったり,真剣になったり・・・と状況に応じた反応をしていました。

 

よく,聞き手が遊ばないように,視点を与えたり,メモを取らせたりしますね。

 

でも,これまでの授業の中で,聞き手として大事なこと,はシェアしてきているし,今回は,じっくり読み手と向き合ってほしい,どの班のオリジナリティも体ごと感じて味わってほしい,と思いました。

 

よって,メモなし,です。

 

そうしたこともあって,いいムードが出てきたんですよね・・・

 

発表を聞きながら,それぞれの工夫を見,笑いを共有しているムードを感じ,この子たちと関われていて,嬉しいな,誇らしいな,という思いにさせられました。

 

 

本当にありがとう。

 

 

一方で,明日以降の発表を控えている練習段階のクラスの子どもたちも,学びを愉しんでいました。

 

想像力を働かせながらそれぞれの役割に応じて練習をしたり,創造力を駆使しながら行間を読んで話をしたり・・・

 

そんな話し合いの様子も,本当にいいムードで,まさに学びを愉しんでいる様子でした。

 

空き時間に授業の様子を参観し,学びに来た講師のKくんも,いいムードだなあ,と感じ,机間指導をしながら班のやりとりを聞いていました。

 

 

みなさんにも,そんな様子,一緒に見てほしかったです!