読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育実習 A Go Go! 壁にぶつかる

なかなか思うようにいかない・・・

 

そんなときは何事においてもよくあることですね。

 

教育実習もまた然り・・・

 

 

慣れない「勤務」,アイデアが浮かばないもやもやとした時間,蓄積する疲労・・・

 

そうしたことがボディブローのように効いてきて,実習生から笑顔を奪ったり,声のボリュームが小さくなったり・・・

 

子どもたちにも,実習生の体から発するそうしたオーラが伝わり,場合によっては負の相乗効果となります。

 

ミラー効果,とでもいうのか,こちらがナーバスになれば,生徒もそうなりますよね。

 

実習生だけでなく,私自身,体調不良のときや,精神的に悩んでいるときなど,同じようになります。

 

 

教師は役者,ということが言われることがよくありますが,それでも声を張って,笑顔で授業に臨めば,生徒も元気になるものだと思います。

 

また,よく考えてみると,うまく行かない理由は案外シンプルなもの,ということが多いですね。

 

悩んでしまうと,そうしたことにも気づかなくなってしまいます。

落とし穴に落ちた時のように。

 

 

来週の小研究授業で元気になれるように,壁を乗り越えてほしい・・・

 

そう思います。

 

 

さあ,放課後の振り返りで,どんなことを話そうか・・・

 

明日のことを思う初秋の夜です。

 

 

自分も休まないと・・・