読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田県湯沢市の中学校訪問 -O先生の授業を参観してきました③

3時間目に参観した授業は1年生でした。

 

教科書の音読をさせる中で,登場人物の感情をどう音読に乗せていくか,またジェスチャーを交えながらリアルに表現できるか,に挑戦する授業でした。

 

休み時間の終わりころから,子どもたちはノートに几帳面に貼られた単元の新出単語カードに目を落とし,ぶつぶつと言いながら練習をしていました。

 

よく見る休み時間からwarm upをさせる取り組みか,と思いましたが,先生はそれを強制しておらず,時間の指示などもしていません。

 

その後,授業が始まってみて分かったのですが,ペアで問題を出し合い,いくつ覚えているかを毎時間チャレンジしていたのでした。

 

 

1年生の授業でも,参観者である私にO先生は話しかけました。

 

Please introduce yourself.

 

その声を聞いて,1年生たちがこちらを一斉に振り向いてくれました。3年生に比べて,私もちょっとゆったりと理解可能な英語で語りかけました。

 

Nice to meet you.の問いかけに,Nice to meet you, too.の返事がたくさん返ってきました。

 

生徒からは,

 

How many students do you have in your school?

 

Do you like gyoza?

 

の問いが出てきました。

 

訪問した中学校は,全校生徒73名です。約480名いるよ,と答えると,驚きの声が響きました。

 

餃子は大好きだよ,と答えると笑顔が溢れました。質問してくれた男の子に,同じ質問を返すと,Yes, I do.

 

の答えが返ってきました。

 

1年生の授業を見て何度も見つけたのは,習熟を促すためのsmall stepsが随所に溢れている,ということでした。

 

まずは全体で練習,そしてペアでの練習,と続きます。

 

中心となっている言語材料は人称代名詞,そしてそれらの活用です。

 

I - my - meのような活用を歌に乗せて覚えていきます。

 

ペアで歌い合うのも,嫌な顔せずに取り組んでいきます。その後,O先生が促します。みんながリードして,T先生にリピートして歌ってもらいましょう!

 

えええ???

 

成り行き上歌わないわけにはいきません。やるからには元気に歌いましょう,と思ったものの初めて聞くリズムで何回か失敗してしまいました。

 

でも,O先生は,T先生は初めてだから特別に許してあげましょう,ともう一度チャンスを与えてくれました。おかげで歌いきることができました。

 

よかったあ・・・

 

f:id:takaenglishteacher:20151211112618j:plain

 

板書の写真を見てください。

 

ここでは,人称代名詞の復習をするのに,ウルトラマンたちが使われました。1枚の写真の中にたくさんのキャラクターが入っていることで,写真の提示の時間が短縮されます。また,ウルトラの母,という女性もいることで,バリエーションも確保されます。

 

ALTの先生にウルトラマンのことを教える,という意味も持たせる活動でした。

 

 

1年生の授業では,宿題のチェックを4人の班で行わせていました。班長がチェックを行い,シートに記入をすることで,ここでも協同の要素が生きていました。仲間に迷惑をかけられない,という温かなしばりが功を奏していました。

 

また,宿題の確認をペアで行わせた他,ALTの先生がその宿題のページの内容をアレンジして,代名詞化させるドリルをリードしていました。

 

ただ宿題をさせるのではなく,必ず授業で使う,という時間を確保することで,子どもたちが宿題をする意味を見出せるような工夫でした。

 

ここでも感心しきりでした。当たり前のことが,自分の授業でできていない・・・そう感じました。

 

また,文構造を意識させる工夫もされていました。

 

黒板の真ん中にあるように,ワークで問題を解くだけでなく,動詞を四角で,目的語(人称代名詞の目的格)を丸で囲ませていたのです。

 

ここでも目から鱗でした。

 

こうしたsmall stepsが重ねられ,実を結び,基礎が土台となって,質の高い発信につながっているんだなあ・・・そう思いました。

 

 

 

4時間目にたっぷりと二人で振り返りの時間を取っていただいて,①から③にまとめてきたようなポイントについて意見を交流させることもできました。

 

その後,駅まで送ってくれたO先生・・・

 

最後まで温かでした。

 

しっかりと握手をしてお別れしましたが,また訪問したい・・・そう強く感じることができました。

 

帰り際には校長先生がお土産まで持たせてくださり・・・これもまた初めての経験でびっくりしました。

 

 

たくさんの温かさに受け止めていただき,笑顔で帰路に着きました。

 

 

O先生にお礼のメールを送ると,3年生たちがもう帰っちゃったの?と言っています,との返事が・・・

 

子どもたちもあったか・・・

 

 

O先生,そしてみなさん,本当にありがとうございました。

 

 

本当に勉強になりました!!

 

f:id:takaenglishteacher:20151212000946j:plain

 

駅で買ったきりたんぽ鍋の具材を使って,さっそく自宅でも・・・

 

美味!