どんなときも

10月は鬼のような忙しさ・・・

 

学年では体調不良で時間休暇を取る担任が出てきました。

 

講師の若い先生は少し前に実験器具で手を切る怪我をしました。

 

 

じわじわと、疲労が目に見える形で出てきている感じがします。

 

教師の働き方改革について国の文書が届きましたが、マスコミで問題が顕在化して、ようやく動き始めた感が否めません。

つくばの研修のときにお世話になった文科省の方の温かさ、そして、現場を思う愛情、子どもたちのために、というミッション意識、どれをとっても尊敬できるものだったことを思えば、国の動きについて一括りにしてとやかく言うことはできません。

しかし、これだけ過酷な環境にあることは、ずっとずっと前から変わらないのに・・・

 

そんな切ない思いが込み上げてきます。

 

勤務状況調査を行う、と言うことになって、その手間が、さらに自分たちの時間を奪うことになります。一体何のための調査なのでしょう。

数字でしか動けない、ということなのでしょうか。エビデンスが大事なのはわかりますが、結局は末端にいる私たちが踊らされている感じがします。

調べた上で、目に見える改善がなされるなら報われる感じもしますが、あまり期待できないことは今から分かっている、そんな感じさえします。

 

だって、人的配置を大幅改善したり、予算をたくさん投下してくれたりするわけではないのですから。

 

本当の意味で学校をスリム化するなら、世の中自体が全速力で走り続けているような、今そのものを変えないと、どうにもならない気さえします。

 

教育の質が低下しているとか、教育再生とか、スローガンやキャッチフレーズばかりが先走っている中、過酷な環境でギリギリの頑張りをし、学校を支えているのは教師なんだ、ということを声を大にして言いたいです。

 

出勤・退勤時間を3月まで毎日記録しなさい、という朝の打ち合わせでの突然の話に、ちょっと待った、と発言をしてしまい、少し後悔しつつも、そんな思いが募ってきます。

 

誰のために? 

 

 

今日、学年の会議では、どんなときも、「逆サイドからのものの見方をすること」、4月にみんなで決めたことを2年半後、子どもたちが卒業するまで忘れないで行こう、と改めて話しました。

 

忙しさでいっぱいいっぱいになって、イライラしてくると、ついつい、トップダウンでものを言ってしまうからです。

 

保護者の方々に対してもそうです。

 

自分にとってかけがえのない、唯一の存在として我が子を見つめている、そうなると、近視眼的になることもありますよね。

 

それでもそこに寄り添って、共に悩み、共に考える存在でありたい、そう思うからです。

 

 

正直、私自身も疲労で1日を乗り切るのが精一杯です。

 

毎朝、今日こそは休んでしまおう・・・と思う日々です。

 

授業の準備もギリギリで、十分練れていないかもしれない・・・と思う中で1時間1時間をこなしています。

 

でも、どんなときも、子どもたちを真ん中に置いて、ということを忘れないでいたい・・・

 

自分にもそう言い聞かせています。

 

 

スピーチコンテストへの道

昨日,市のスピーチコンテストが行われました。

 

一般生徒が出場する第1部と,帰国子女が出場する第2部があり,担当する1年生からは,第1部に1名(学校で学年に1枠だけ),第2部に2名(フリー)の出場がありました。

 

第2部は,1~3年生までがオープンなので,県大会に出場する枠はすべて高学年の生徒が選ばれましたが,出場した2人は,持てる力を発揮し,がんばってくれました。

 

第1部は,見事最優秀賞に選ばれ,11月中旬に行われる県大会に進むことになりました。

県への枠を獲得することが今年もできて,がんばった生徒を心から労いたい気持ちでいっぱいです。文化祭・運動会の狭間で苦しい練習になりましたが,家での自主練も含めて,とにかくがんばりましたね・・・。

 

今年もじーんとさせてもらいました。ありがとう!

 

 

takaenglishteacher.hatenablog.com

 

takaenglishteacher.hatenablog.com

 

 

 

takaenglishteacher.hatenablog.com

 

 

takaenglishteacher.hatenablog.com

 

 

工夫をしているのは:

 

●自分のパフォーマンスをメタ的に捉えさせること

 → タブレットで撮影をしたものを観察的に見る機会を与えています。

   振り返る! 気づく! 改善する!

 

●場数を踏ませること

 → 教室でクラスメートの前でリハーサルをする機会を作っています。

 (できるときは体育館などでも練習します)

 

●相手意識を持たせること

 → どう話すか,ではなく,聞き手がどう聞くのか,を考えさせています。

 (自分の思いがどう届くのか,届かなければ意味が半減してしまうことに気付かせます)

 

●パラグラフごとに込められた思いを言語化させること

 → 言語化できると,パフォーマンスに反映できるようになります。

 

 

かなあ・・・

 

みなさんはどんな指導をしていますか?

 

情報交換,したいですよねー!

 

 

 

 

 

文教大学阿野ゼミ生からの振り返り

一昨日の学校訪問から2日目、早速ゼミ生からの振り返りが届きました。

 

こうして振り返りがあると、こちらも本当に勉強になります。

 

授業を開く、教室を開放することで、結局のところ、一番勉強になるのは、授業者なのだな、ということを改めて感じています。

 

Aさん、Hくん、本当にありがとう!!

 

振り返り、紹介させてくださいね!

 

また一緒に語りましょう!

 

 

A

 

「生徒に寄り添う」という言葉は、よく教師や授業の在り方として耳にしますが、T先生の授業はまさに「生徒に寄り添う英語の授業」だと感じました。


先生と生徒とのやりとりを見て、授業開始時のsmall talkから、教科書内容のinteractionまで、まるで普段日本語で交わしている雑談がそのまま英語になったような自然さ、流暢さでした。

生徒も英語を使いながらも、柔らかい表情で会話を楽しんでいる様子から、生徒は英語を使わなきゃいけない、というプレッシャーを抱えていないように感じました。その理由は、T先生の表現にあるのではと考えました。表情や声の調子・大小、ジェスチャー、何より未習・既習関わらず、そのやりとりの内容に合った表現を使われていたので、自然と生徒が先生の英語に引き込まれているのだと思いました。

 

(Aさんの卒論のテーマである)

洋楽に関しましても、生徒の興味・関心を重視して、「心を動かす」ことを大切にされているのだと分かりました。
洋楽に限らず、授業で行う活動すべてに目的・ねらいを持たせることで、生徒へ過度な負荷を与えず、「やってみたい!」という意欲を引き出すことができるのだと分かりました。

 

インタビューをさせていただき、たくさんの貴重なお話を頂きましたが、その中で最も印象的だったのは「教えるのではなく、共に学ぶ」というお話でした。
教師や教師を志す人の多くは、「どのように教えるか」を考えて授業を作ると思います。しかし、T先生は「生徒と共に学ぶ」ということを軸に授業をされているのだと、実際の授業の様子からも分かりました。

(昔はそれはそれは偉そうな、トップダウン型の授業をガンガンしていました・・・)

 

私はすぐに教壇に立つ者ではありませんが、「共に学ぶ」姿勢で、様々な人、様々なことに向き合っていきたいと思います。

ご多忙の中、お時間、ご指導を頂き、本当にありがとうございました。
またぜひ文教大学にもお越し頂けたら嬉しいです。阿野ゼミナール一同お待ちしております。本当にありがとうございました。

 

 


H

 

T先生、先日は授業を参観する貴重な機会を頂きありがとうございました。

T先生については阿野先生や先輩のゼミ生からも伺っていましたが、実際に授業を見ることで、T先生の授業の魅力をより深く感じることができました。


授業の中では生徒が意欲的に英語を使ったり、ペアで話し合ったりなど、いきいきと授業に取り組もうとしている姿を見ることができました。それはまさに、「生きた授業」であると感じました。


生徒達は「生きた授業」の中でこそ、コミュニケーションのツールとしてたくさんの英語を使用し英語を学ぶべきであると改めて実感しました。

 

今回の参観で特に印象的だったことは、生徒へのインプットの面です。
インタビューの際質問させて頂きましたが、インプットはどのような意識を持ってやっているのか、という点です。


T先生は1年生の授業で"Have you been to~?"や過去形などを生徒とのやり取りで使っていました。私は、2年生3年生になったときのための「意識したインプット」なのだと思い、そのような質問をさせて頂きましたが、先生のお答えは「意識していない」でした。そして、その理由はよりコミュニケーションにauthenticityを出すためであり、むしろ意識したインプットはコミュニケーションをぎこちない形で機械化させてしまうとのことでした。

(あ、この表現、聞いたことがあるぞ!という漢方薬的な与え方は意識しています!)


この点も先の方で述べましたが、「生きた授業」をしていく上で必要なのであると大変勉強になりました。

 

運動会を控え、本当にお忙しいはずであるのにご丁寧に私たちを迎えてくださり、また貴重なお時間を割いてくださりありがとうございました。
また英授研や、大学にお越しになるような機会のときにはよろしくお願いいたします!

 

 

 

文教大学阿野ゼミ生が来校しました

かれこれ5年近いでしょうか。

 

文教大学湘南台キャンパス、国際学部の阿野ゼミの学生が今年も来校しました。

 

卒論につながるように、ということで、Aさんは授業に洋楽を取り入れることの効果について、Hくんは技能の統合について、という視点を中心に観察を行い、その後、インタビューを行いました。

 

毎年思うのですが、今年も阿野ゼミ生のモチベーションの高さと、学生さんではあるものの、よく現場に脚を運んでいる様子が話をしながら伝わってきました。

 

地元の大学の学生たちに、このことを伝えたいなあ・・・、と強く感じます。

 

授業を参観して、子どもたちの学びの様子を前から、横から見るように伝えましたが、臆せず子どもたちの間にどんどん入っていっていました。

 

拙い授業ではありましたが、子どもたちとのインタラクションや、あたたかな関わり合いを見てもらえたようで、事後にそんなことが多く話題に上っていました。

 

今後、彼らからの感想が届いたら、こちらでも紹介したいと思います。

 

学生時代に、研究会や現場に、どんどん脚を運んで学ぶアクティブさを発揮してほしいなあ、そう願っています。

 

希望があれば、是非コメントを書き込んでくださいね!

 

身近なことでいいのではないか

21日の土曜日に迫った運動会のための練習が毎日続いています。

 

子どもたちは気持ちがそちらに向いて,一生懸命取り組んでいます。

学校行事は,普段の子どもたちの学びの成果が結実し,一気に発揮される本当にいい機会だな,と思います。

 

子どもたちに投げかけているのは,こうした行事のための準備をしている中で,日々大切にしている,当たり前のことをしっかりやりきることです。

 

このことは,大人でも難しいことではありますが,係活動や委員会の仕事,そして,授業を大事にしてもらいたい・・・

そうしたところに神様が降りてくるのだ!と思います。

 

そんな環境で,子どもたちが授業に気持ちを向けるのに,どんな話題を取り上げようか・・・

 

そんなことを考えている中で,

 

「深くていいこと」を扱おうと思えば思うほど,子どもたちの現在地点,彼らの等身大,から離れていってしまうのではないか。

 

ということが思い浮かびました。

 

10年ぶりの1年生担当で,1年生の気持ちをイメージすることが難しくなっているのかもしれません。

 

昨年度一緒に学んでいたのが3年生だけに,そのギャップを調整する必要がありますね。

 

 

と,いうことで,今日は自分にとっては珍しく,彼らの好きなバラエティ番組や,そこに出てくる芸能人を話題にして授業を進めてみました。

 

自分が思っている以上に,子どもたちは生き生きと反応し,たくさんのリアクションやつぶやきがありました。

(悪い意味ではなく,いい反応がたくさん見られました。興味がある,ということがすぐに分かりました。)

 

 

今日の新出言語材料は,

 

Who is ‥‥?

 

でした。

 

Look at this picture.

Do you know this man?

Who is he?

(Degawa!)

Yes. He is...?

(He is Degawa.)

Right.

What is he?

(Commedian!)

Yes. He is...?

(He is a commedian.)

OK! Please tell me more.

(ITTE-Q!)

I see. You mean he appears in ITTE-Q, right?

(Degawa-English.)

Oh, he speaks Degawa English. It's strange.

 

のようにして,同じく手越(NEWS)を登場させ,出川とどちらが好きかを問いかけたり,理由を尋ねたりしました。

 

新出言語材料について子どもたちとともに意味を確認した後で,

アナウンサーの桝太一水卜麻美両氏を登場させ,先ほど使ったインタラクションの流れに彼らを乗せて,ペアで対話をさせました。

 

2人目のときには,対話を膨らませるため,アイデアを出させました。

 

He is from Tokyo University.

He likes studying asari.

He is 36 years old.

He is cool.

 

などです。

 

また,相手から情報を引き出すために,

 

Please tell me more.

 

もチェックしました。

 

毎回,こうして即興でのやりとりをさせます。

最初からできない,と決めず,どんどんトライさせ,少しずつ対話が伸びて継続できるようになることを目指します。

 

最後は,話題を少し膨らませて,

 

Who is your favorite star?

 

についてペアで対話をさせました。

 

 

英語はまだ拙いかもしれない,でも,彼らの中に話したい,聴きたい,という思いが膨らみ,伝えるべきコンテンツがある,ということを選ぶ,そのときに,彼らの発達段階や現在の興味・関心などを踏まえる,ということの大切さを改めて感じました。

 

いつもいつも深ーいことでなくとも,いいですよね!

 

みなさんはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

うまくいかないのは、子どものせいじゃない!

教育実習が終わり、子どもたちとの授業が戻って来てから半月が経ちました。

 

立て続けに文化祭・合唱コンクール、運動会が続く強行日程の10月、子どもたちが落ち着いて学びに向き合うことが難しい状況なのですが、何とかリズムを作ろうと頑張っているところです。

 

ただ、現実はなかなか厳しくて、なかなか集中して学びに向き合えない様子を見せる子がいたり、用意したトピックに反応してくれない子がいたりします。

 

子どもたちをついつい責めたくなったり、今の状況のせいにしたり、そうしたくなってしまいます。

 

イチローだって毎打席ヒットは打たないぞ、なんて言い訳をしたくなったり・・・もします。

 

でもでも、やっぱり自分の準備が足りなかったり、トピック選びがうまくいっていなかったりするのが原因だと思います。

 

改めて足元を見直さないといけません。

 

年度当初に子どもたちと共有したゴールを自分自身が再度確認し、そのために必要なことを見つめ直していこうと思います。

 

連休明け、いいスタートを切りたい!

 

 

みんな、よろしくお願いします!

 

躍動する 輝く子どもたち

文化祭、合唱コンクールが終わりました。

 

本当に短い期間の中で、子どもたちは本当によく準備をし、本番で見事に輝いてくれました。

 

毎回心から感じるのですが、行事のときに、それまでに蓄えたものをバーンっと解放するというか、なんといえばよいのでしよう、子どもたちは、本当にキラキラとするんだなあ、ということを今回も体感しました。

 

トラブルを乗り越えて見事に合唱を仕上げた彼らの姿を見て、合唱の審査員なのですが、ハンカチが必要になりました。

 

午後の文化部の発表でも、それぞれが会場を1つにさせるくらいのパフォーマンスでした。

 

聞き手、観衆に対しての相手意識まで持っている彼らのすごさに、改めて頭が下がる思いでした。

 

何かを彼らに与えているとか、教えているとか、そんなことはなんとおこがましいことか、と感じます。

逆に、たくさんのことを彼らに教わっている、そう思っています。

 

翌日には運動会に向けての全校集会がありましたが、そこではすでに運動会に向けた各クラスのパフォーマンスが見事に披露され、心から驚かされました。

 

キャリアが長くなれば長くなるほど、彼らのすごさに気付かされるばかりです。

 

自分はどんどん衰えていきますが(苦笑)。

 

理屈を超えて 心が動くかどうかが大事

先週から、勤務校の体育の授業に、市内在住で、全国的にも著名なダンスの先生が入って、一年生の男子に、ダンスの指導をしてくださっています。

 

お子さんに有名なダンスユニットをお持ちの女性です。

 

職員室で隣に座っている体育の先生から、子どもたちの生き生きぶりを話しに聞いていたので、単元の最後の仕上げの時間、授業の様子を見に行きました。

 

4時間扱いの単元のラストの授業です。時間が限られていることもあり、細かなステップの指導などはありません。

 

先生の動きを見ながら、それを真似て動いていきます。

 

先生の言葉かけを受けながら、子どもたちは音楽に乗って身体を動かすことを心から楽しんでいるようです。

 

音楽が止まり、先生の話がある少しの間も、耳を傾けながらも、踊りたくて仕方がない、ムズムズしている様子が見て取れました。

 

これはもはや理屈ではないのだな、いいものに触れ、身体を動かすことに喜びを感じ、気がつくともう身体が動き出す、そんなことかな、と思いました。

 

 

自分の英語の時間はどうだろう・・・

 

そんなふうにはなっていないなあ・・・

 

正直、そう思いました。

 

 

子どもたちが心を動かすような・・・

 

そんな授業ができたらいいな!

 

響き渡る歌声

昼休み,放課後,今週末に行われる合唱コンクールに向けて,各クラスの合唱練習がピークを迎えています。

 

ALTと話していても,海外では,選抜メンバーによる聖歌隊がセレモニーなどで歌う,ということは一般的でも,校内で合唱コンクールなどを開催する慣例はなくて,日本ならではなのかな,と思っています。

 

クラスのメンバーが,個性を生かしつつ,ハーモニーを創り上げていくプロセスを彼らとともに感じられるのは,本当にすばらしいことだなあと思います。

 

夢中になって歌う姿,なかなか音程が取れずに悩みながら,でも励まされて顔を上げて歌い始める姿,たくさんのメンバーの気持ちが合ってきていることを実感して目をキラキラさせて喜ぶ姿・・・

 

なかなか気持ちを高められないメンバーがいて,仲間として気をもんでいる様子・・・

 

そんなもろもろ含めて,ドラマだなあ・・・と思うのです。

 

 

担任から離れて5年,担任としてかかわることはなくなったけれど,学年の子どもたちがきらきらしている姿を見ていて,現場にいてよかったなあ・・・,先生になってよかったなあ・・・と思えることの一つです。

 

あと少し,最後の仕上げをして,本番,自分たちの練習の成果を最大限生かせるように,心から応援しています!

 

 

がんば,みんな!

 

こども・おとな

我が家の3人の子どもたち、高校2年生、中学校3年生、小学校4年生、それぞれを見ていると(共働きで子ども3人の子育てを考えると、本当に毎日が大変なのですが)、本当に楽しいです。

 

小4は、リビングで歌ったり、踊ったり・・・

 

中3は、受験生としてスイッチが入ってきて、頑張っているのですが、勉強しながら鼻歌を歌ったり、お風呂で熱唱をしたり・・・

 

若いって、本当に素晴らしいことですね。

 

どこからそんなエネルギーが湧いてくるんでしょう。

 

高校2年生は、フィジカル的にはまだまだ元気なのでしょうが、学校の勉強に四苦八苦していて、疲れている感じがします・・・。

ただ、やっぱり、部屋で歌を歌っていることもありますね。部活動をやっている時の彼女は、本当に楽しそうです。

 

(それにしても、我が家の子どもたち、歌好きなのかな???)

 

 

このところ、実父がちょっと調子が悪くて、そんな姿を見ていて、色々なことを考えます。

 

今日は一緒にお昼を食べに出かけて、久々に笑顔を見ました。

よかった・・・。

 

 

子どもたちと、父親の真ん中にいる自分も、体力的にはピークをとっくに過ぎて、衰え始めているんだなあ・・・

 

お風呂に入ると、もうすっかり脱力してしまって、体を洗うエネルギーがない・・・

 

末っ子とお風呂に入るのも、昨年よりも今年の方がなんだかしんどくて・・・

 

 

昼間一緒に自転車に乗って遊んだ末っ子も、遊び疲れてソファでうとうとしています(笑)。

 

こっちは少し眠っても、なかなか体力が回復しないのですから、困ったものです。

 

 

もうすぐ月曜日がやってきます。

 

10月は文化祭と運動会の大きな行事が二つ重なる1年間の中でももっとも忙しい月の1つです・・・

 

なんとか乗り切らないと!

 

笑顔を忘れずに、ですね!

 

 

子どものように元気満々にはなれないけれど、彼らから元気をもらって!!